30代女子きりたんの働く妊娠出産育児ブログ

働くママブログです。30代で初出産したあれやこれやと、育休を経ての共働き生活、子育てなど。

育休総まとめ

あと一週間で育休が終わる。

慣らし保育も終了し、フルで預けられるようになった!やったー今週はフリーダムだ!満喫するぞ!と思った矢先に娘は熱を出してしまいました。。。ので、おうちから出られません。

 

さて、生まれて初めてこんなに長期にお休みをいただいて、初めての出産から育児を経験させていただいて、思ったことを今のうちにまとめておこうと思います。次回出産するかもしれないときのために。。。

 

休む前と後で認識が最も違ったこと

産休・育休とは、産むため、育てるために仕事をお休みするのであって、ただの「休暇」ではない!!!

これは休む前の私にひと声かけられるとしたら、最も言いたいことですね。

休む前は、「一年近く休めるわけだから、あれして~これして~」とか思ってたけど、全然そんな余裕ないぜ。一番余裕あったのはお腹が大きすぎて動くのがしんどかった産前だけだ。それ以降、自分の時間なんて基本は無いと思え!

産後2か月は正直体が使い物にならないし、赤子は首も座らないしで文字通り家からほとんど出られません。家で「オッパイおむつねんね」のエンドレスループです。私の場合体が本当にしんどかったので、「オッパイおむつねんね」の合間には自分は寝ることしかできませんでしたよ。。。

余裕が出てきても、基本的に自分の時間は夜赤子が寝た後です。それ以外は人に預けて自分の時間を作るか、早朝に赤子を起こさないように起きるかです。

 

出産前にしておくべきこと

自分時間を満喫すべし!

産後自分の時間がなかなか取れないので、身体が重くても、多少しんどくても、お散歩がてらお出かけはしておくべきです。カフェとか、カフェとか、カフェとかね。あと産後は目が疲れやすかったりとか座っていられなかったりとかで本も読めないので、気になってる本なんかは読んでおいた方がいいかも。

あと、家の掃除とか、普段できなかったものの整理とか、身体がしんどくてしたくないのは重々わかりますが、今のうちにやっておきましょう。産後一年はほとんどできないからね。。

保育園の事前調査も、出産前にやっておきましょう。

 

出産のときにやっておくこと

準備は念入りに。必要なものは手元近くに置く。休める時に休む

とにかく水とタオルが異様に必要だったので、それらはすぐとれるようにしておくこと。

ipodのプレイリストは、眠れるくらい安らげる曲のみに厳選しておくこと。そしてエンドレスループにしておくこと。普段と比べて比較にならない精神状態なので、ちょっとアップテンポだったりドラムが入ってるだけでイライラしてしまうので。

チョコは吐くので食べないこと。

陣痛がまだ弱いうちは寝ておく&食べておくこと。

※過去記事

 

出産後にやっておくこと

母乳が出ても、哺乳瓶には慣れさせておく

母乳が良く出たので、「ミルクたさなくてもいいですよ」という助産師さんの言葉に従ってミルク飲ませなかったら哺乳瓶受け付けない!!という状態になって、その後どうしても整体に行きたいときとか、大変困ったので、いざというときのために哺乳瓶が飲めるよう、一日一回は哺乳瓶を面倒でも使うべし。

 

乳腺炎になりそうな兆候があったら早めに対処する

乳腺炎で高熱出してる暇など出産直後にはないのだ!ちょっとおっぱいはるな~とか、しこりが出てきたな~のタイミングでマッサージなどすぐ対処しておく。絶対に放置しない!

※過去記事

 

出産前・出産後に関係なく大切だと思うこと

旦那をはじめとして身近な家族や知り合いには、妊娠出産育児通して今まで以上にお世話になります。身近な存在であればあるほど日頃からのコミュニケーションで、お互い気持ちよく頼り頼られることができるように工夫していくことが常に必要だと思います。

とくに、出産~産後直後はホルモンのバランスで心身が不安定になりがちなので、そのことも踏まえて事前に心構えしておいてもらったり、もし不安定になってしまったときに後で冷静にコミュニケーションできるような時間をとったりすることが大切だなと思いました。

 

うーん、まだまだあった気がするんだけど、、、

思い出したら書き足していくことにする。

広告を非表示にする